• 転職サイト比較ランキング

無料で使える転職エージェント

転職サイトや求人情報サイトにはそれぞれ得意な業種やサービスの特徴があります。 大きく分けると求人情報を自分で探す検索タイプと、キャリアコンサルタントと 相談しながら希望にマッチする企業を探す転職エージェントにわかれます。

大手の非公開案件も視野に入れるなら転職エージェントを利用する必要があります。
転職サイトの利用はどれも無料ですので、賢く使って自分が目指す転職を成功させましょう。



転職サイトQ&A

[転職サイトは1つしか利用できないのでしょうか?]

インターネットの検索ページで【転職サイト】と入力すると、今やかなりの数がヒットします。
それだけたくさんの転職サイトが存在するのです。
『どこの転職サイトでも同じだろう』と思うかも知れません。
ですが、転職サイトによって、求人情報が違う場合があるのです。
もちろん、同じ条件で入力すると、同じ会社の求人を見つけることもできるでしょう。
ほとんどの転職サイトで掲載料は発生せず、そのサイトから応募して、採用が決まった時に給料の数パーセントを報酬としていただくというシステムです。
そのため、会社側では、一人を採用するためにたくさんの転職サイトに掲載しても費用はほとんど変わらないのです。
そのため複数の転職サイトに同じ求人情報を載せているのです。

ですが、中にはこっちのサイトには載せているけど、こっちのサイトには載っていないということもあるのです。
会社ごとの判断ですからその理由は定かではないですが、実際にそうなっています。

じゃあ、どこのサイトに登録したらいいかわからない、という人がいます。
ですが、転職サイトはいくつ利用登録しても構わないのです。
もちろん、ほとんどの転職サイトでは登録料が無料ですから、選択肢を増やすためにはたくさんの転職サイトに登録をすればいいのです。
そうすれば、より自分の条件にあったきゅうじんをみつけることができるのです。

だからといって、何十サイトも登録してしまうと、何が何だかわからなくなり、挙句にはせっかく面接まで行っていたのに気がつかなかったということもあるかも知れません。
いろいろサイトを見て、求人数、見やすさ、転職に関する知識が学べるサイトなどを考え、3~4サイトに登録するくらいがいいかも知れません。

転職サイト比較ランキング【後悔しない!チェックするべきおすすめ10社】

[アルバイトやパートの求人もあるんでしょうか?]

転職サイトでは、全国規模の求人情報を掲載していますから、数十万件もの求人があります。
ですが、それは何も正社員ばかりではありません。
期間社員、アルバイト、パートなどいろいろな勤務形態の求人もあるのです。

近年は不景気で会社側も正社員ではなくアルバイトやパート、忙しい時だけの期間社員や派遣社員として採用し、いざ経営が苦しくなったら辞めてもらうという方法を取っているところが多いです。
むしろ、どんな人が働きに来るのかわかりませんから、正社員として雇うというのもリスクがあるのです。
そのため転職サイトでも、正社員ではない雇用形態のほうが多いかも知れません。

ただ、ちょっとした時間だけ働きたいという主婦、長期連休だけ働きたい学生などを除けば、ほとんどの人はリストラの可能性が少なく、毎月安定した給料をもらえる正社員になりたいものです。
そのため、正社員募集の求人には応募者が殺到する傾向にあります。
特に資格も職歴も問わず、高収入が得られるという会社で正社員募集となればなおさらです。
そのため、正社員の場合は応募しても面接までもいかないという人もたくさんいるのです。

ただ、どうしてもすぐに働きたいという人はアルバイト契約や期間契約でもいいかも知れません。
なぜなら、会社側も有能な人材だとわかれば正社員に昇格させてくれる可能性があるからです。
前述にもあるように、どんな人材かわからないから正社員での雇用はリスクがあると考えているかもしれません。
ちょっと遠周りにはなりますが、なかなか採用されない正社員よりも、雇用されやすいアルバイトのほうが最終的にはいいかも知れません。

失業手当の受給期間があるうちは正社員にこだわってもいいですが、受給期間が終わる頃になったら、アルバイトも考えてみたほうがいいかも知れません。

[在職中でも利用できますか?]

【転職サイト】というと、会社を辞め、新しい職場を探す人が利用するものと思う人が多いでしょう。
確かにそういう人が多いです。
ですが、転職サイトは何も退職してからではなく、在職中でも利用することが可能です。
むしろ、在職中のほうが焦らずじっくり探すことができるかもしれません。
また、仕事を辞めたいけど新しい職場が見つかるまで辞めないと考える人も多いでしょう。

ですが、実際仕事をしていると、なかなか新しい職場を探すのは時間がないものです。
求人情報誌をコンビニで購入して、探そうと思っても、結局応募をするのはほとんどが電話ですから、夜中にするわけにもいきません。
ましてやハローワークなどにもいけるものでもありませんし、飛び込みや張り紙を見て電話するのも時間がないものです。
ですが転職サイトなら、夜中でも朝方でも自分が探したい時にインターネットで見ることができるのです。
在職中の人が新しい仕事を探すのには向いている方法といえるでしょう。

もちろん、転職サイトでも在職中の検索も認めています。
その証拠に、円満退社の方法、退社する時の流れ、失業したらおこなうことなど、退職・失業に関する情報を提供しているサイトもあるのです。
それを見れば、在職中に何をしていればいいのか、どのような流れで転職を進めればいいのかを知ることができます。

また、たとえば転職する気がない人でも利用することができます。
実際、自分の会社と同じような会社ではどれくらいの給料で雇うのか、どういう仕事があるのか、万が一リストラや倒産で失業したら、今度はどのような職種を選ぼうかなど、ちょっとした興味本位で転職サイトを使ってみてもいいでしょう。
今は役に立たなくても将来的にためになる情報も得られるかも知れません。
思い立ったら、深く考えず気楽に転職サイトを眺めてみてもいいですね。